結婚相談業ポイントレッスン②

2013-11-08 11:25:56
結婚式において新郎新婦の親族は、お客様を招く側になりますから、お客様に敬意を払い結婚式の服装は正装を選ぶようにします。
披露宴のときの席順を見てもおわかりのとおり、お客様が新郎新婦に最も近いテーブルとなり、親族は新郎新婦より最も遠いテーブルに着くことになります。
ですから、新郎新婦の親族として結婚式に出席するときは、結婚式の服装でマナーを守った正装を着用するようにしましょう。
結婚式の服装で親族が着る服ですが、女性なら着物が大変良いと思います。
20代未婚女性なら、振袖を結婚式の服装として着用すると素敵です。
既婚女性が着物を選ぶ場合は、結婚式の服装として留袖を選ぶのが一般的でしょう。

結婚式の服装として洋服を選ぶ場合、親族の女性はワンピーススタイルになると思います。
少なくともツーピースは避けたほうが無難でしょう。
ツーピースのように二つに分かれる洋服は、二人が別れるという意味に繋がるとされ、結婚式の服装としてはマナー違反と考える方もいるようです。
ですから、ドレスなどは親族が着る結婚式の服装として良いと思います。
ただ、ドレスを親族が結婚式の服装として着用する場合、肌の露出度には注意をするようにしましょう。
親族で男性が結婚式の服装を選ぶ場合、昼間の結婚式ではモーニングコート、夜の結婚式では燕尾服となります。
そして、タキシードを結婚式の服装として選ぶ親族もいらっしゃるでしょう。

結婚式の服装としてリクルートスーツのようなスーツを選ぶ方もいるようです。
結婚式はビジネスの場ではありませんし、親族なのですから、結婚式の服装としてビジネススーツを着用するのは避けたほうが賢明だと思います。
結婚式の服装に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
また、ネット上では親族が着用してもおかしくない結婚式の服装が、たくさん販売されています。
ですから、結婚式の服装選びに迷ったら、ネットで服を購入してみてはいかがでしょうか。
結婚式の服装をネットで購入するときは、一緒にマナーについての情報もネットで見ておくことをお勧めします。
親族は結婚式の服装を着用してゲストを招く側になりますから、ゲストとはマナーが少々異なります。
ですから、ネットで結婚式の服装を購入し、マナーも勉強しておけば、恥をかく心配が無いでしょう。