結婚相談業ポイントレッスン②

2013-11-02 13:50:06
仲人自体の存在が希少なものとなってきましたが、それでもまだ地方へ行けば健在です。
都心部においても、役割が簡素化された頼まれ仲人と呼ばれるものが登場するなど完全に姿を見ないということはないでしょう。
形式が簡素化されても存在が変わることはなく、仲人の両家の橋渡し役という絶対的な意味は現代にも引き継がれています。
日本の文化とも言える仲人ですが、やはり外国へ目を向けると同じ概念のもと立てられる存在はないようです。

現代において仲人が簡素化されているというのは、結婚スタイルの変化も要因の一つに数えられるでしょう。
いわゆる欧米化であり、昔ながらのお見合いもまた数を減らしています。
その結果として仲人が減少しており、また外国で見られない存在となっているのです。
それでは次の疑問として、海外挙式において仲人の役割はどう変化していくのでしょうか。
海外挙式といえば、近頃ではハネムーンを一緒にできるなどの理由から人気となっているプランです。

仲人とは男女の仲を、ひいては家と家を結びつける存在です。
たとえ海外挙式だろうと、その役割が変わることはないでしょう。
単なる海外挙式ではなく、国際結婚という要素が加われば仲人という立場に大きな変化が訪れる可能性はあります。
簡素化された頼まれ仲人の方に関しては、披露宴のスタイルや親戚サイドの意向から必要とされる可能性は十分にあります。
海外挙式で仲人をどうするかということに決まりはなく、強いて言えば両家が納得する形にすることなのではないでしょうか。