結婚相談業ポイントレッスン②

2013-09-07 18:00:07
立会人がいて両家顔合わせをして、というお見合いを現代で目にすることは稀となったでしょう。
それでも、お付き合いや形式として完全に消滅した訳ではなく、今でもお見合いから結婚したという方の話は耳にしますよね。
しかし、現代でいうお見合いとは少しテイストが異なっており、やや形式張ったものだと言えるでしょう。
現代版お見合いと言えば、多数の男女が一つの会場に集まって沢山の異性と話をしながら本命となるであろう相手を見つけていくお見合いパーティー形式のものなどがあります。

こうした現代版お見合いは結婚相談所をはじめ多くのイベント会社によって企画運営されており、参加には入会を求められることが多いでしょう。
結婚相談所に登録する目的の一つが、このお見合いパーティに参加するという方もいるほどです。
そうした場所に入会せずお見合いパーティに参加する方法もあり、気軽さを求める方はこちらが良いでしょう。
主に地方自治体など、官製によるお見合いパーティも狙い目です。
官製のお見合いパーティは誰でも参加できるものが多く、また参加費も安く抑えられるため人気が集まっているという訳です。

官製によってお見合いパーティが開かれる背景には、地方で結婚してほしいという願いが込められています。
上京して就職、そのまま都会で結婚という状況が続いていけば地方は元気を失っていきます。
官製によるお見合いパーティは、公的な婚活サポートであると同時に地域振興の役割をも担っているのです。