結婚相談業ポイントレッスン②

2013-09-05 17:40:07
仲人というのは結婚するにあたって、両家の仲を持つ者という意味があるのですが、最近あまり目にする機会がないかも知れません。
そもそも結婚式を挙げない夫婦が増えており、ますます仲人離れは進んでいると言えるでしょう。
この話だけ見ると仲人は消えゆく存在のように感じますが、もちろん真実ではなくむしろ注目される部分があります。
たとえば結婚相談所と仲人とには強い結び付きがあり、結婚を目指す上で重要な役割を担っています。

仲人のいる結婚相談所では、より親密な相談が受けられるでしょう。
誰もが異性に対して積極的にコミュニケーションを取れる訳ではなく、そうしたときに仲人の存在は頼りになります。
仲人が本人の代わりに話をして、という訳ではなくアドバイスをくれる存在です。
現代の仲人は、旧来のそれと比べて役割が多様化していると言えるでしょう。

もちろん現代の仲人にも両者の仲を取り持つ役割があり、結婚相談所の例で言うと交際相手とのパイプ役です。
今まで何度かデートを重ねてきたけどやっぱりちょっと、という時になかなか断りにくいですね。
そんなとき、仲人が二人の間に立って問題解決をサポートしてくれます。
婚活に関するあらゆるトラブルを解決に導いてくれる、というと少々大袈裟ですが手助けしてくれるのが今時の仲人です。
仲人の役割は多様化しても、二人の、両家の仲を取り持ってくれる存在に変わりはないので頼れる部分は思い切って頼りましょう。