結婚相談業ポイントレッスン②

2013-08-31 16:50:07
結婚といっても現代では、特に何か決められているような状況は一般的ではないでしょう。
たとえば歴史を遡ってみると、身分が違う者は結婚できない等の制約がありました。
現代では、一部ではあるかも知れませんが一般的に考える必要のない話です。
結婚へと至る道を見ても、昔はお見合いが多く見られましたが今となっては専ら恋愛結婚が多いのではないでしょうか。
あまり目にする事のなくなったお見合いかと思いきや、最近また少しずつ注目されているのです。
そこで知っておきたいのが、お見合いの進め方と断り方です。

進め方はともかく何故断り方を知っておく必要があるのかという話ですが、では断らない事を前提にお見合いができますか?
運良く相手との相性が合えば良いですが、そうでなかったときには断る必要が出てきます。
問題の断り方について、ただ断れば良いというものではありません。
何となく断りにくいからといって問題解決を後回しにしていると、いよいよ断れないような状況に陥ってしまうことがあります。

そもそもお見合いは、いわゆるパーティ形式のものなら気軽ですが形式張ったものには色々な人が関わっています。
両親や親戚、それに会社の上司といった人間関係が浮き彫りになってくるでしょう。
その場合、お見合いをした相手にではなく世話人や紹介してくれた人への話がカギとなります。
人間関係を重んじるという意味であり、なので断るタイミングも早い方が良いでしょう。