結婚相談業ポイントレッスン②

2013-08-25 15:50:14
結婚するとき、二人の間に立って結婚を正式にまとめる人を仲人と言い、結婚準備の際、お金の話など両家が直接話しにくいことなどをお世話します。
そして、結納の進行役を務め、式当日は挙式に立ち会って、仲人婦人は花嫁のそばに付き、介添え役も果たします。
また、披露宴の招待客に対して、仲人は、新郎新婦の生い立ちや経歴などを紹介します。
仲人は、結婚後も人生の先輩として、二人の力になってくれる貴重な存在です。

仲人は基本的に、勤め先の上司や恩師など、日頃からお世話になっている年輩の夫婦にお願いするのが普通です。
結婚を正式にまとめる夫婦が仲人であり、結婚する二人の間に立って、結婚準備にそって、費用やスケジュールについて話を進めていかなければいけません。
結納の進行役など、間に入ってまとめてくれる人が仲人は、結婚準備には欠かせない存在です。

お見合い結婚の場合などは、二人を引き合わせた人に仲人をお願いすることが多いのですが、最近では結納の儀式が簡略化されたこともあり、依頼しないケースが増えています。
結婚準備などは任せずに、結婚式当日だけに仲人をお願いするケースも増えています。
最初から仲人を置かないスタイルも定着しつつありますが、結婚準備は何かと大変なので、仲人を立てるかどうかは、両親も交えて、よく話し合う必要があります。