結婚相談業ポイントレッスン②

2013-07-26 19:50:13
お見合いの形は色々あり、オーソドックスな形式から気軽に行けるものまで、実に様々です。
お見合いの席に参加する人もそれぞれのケースで違ってきますが、一番気になるのが、いくらくらい費用がかかるかです。
仲介人に渡すお礼を含めて、お見合いにかかる費用は、とても気になるものです。
昔ながらのお見合いの場合、仲介人に渡すお礼の費用は、最初にあいさつに伺った際に、手みやげと共にお願い代と電話通信費などと合わせて、2〜3万円程度を渡すのがマナーです。
費用はお見合い相手それぞれが、仲介人に渡すようにしましょう。
また、その後、何回かお見合いをお願いするような場合は、お中元やお歳暮も忘れずに贈っておくことです。

お見合いで無事に結婚が決まったら、今度は成婚料という費用が必要になってきます。
仲介人に仲人までお願いするかどうかで、費用に差が出てきます。
仲人までお願いする場合は結納金の1〜2割、他の人に仲人を依頼する場合は10万円程度のお礼の費用が目安になります。

お見合いする場合、仲介人には、できるだけ費用負担をかけないのがマナーになります。
お見合い当日に必要な費用は、主として、ホテルのラウンジで飲むお茶代、レストランなどでの食事代、食後のお茶代などがあります。