結婚相談業ポイントレッスン②

2013-05-12 16:20:14
縁結びのお守りは、良縁を得て幸せな生涯のパートナーが見つかるようにと願い、それを実現するために身につけるものです。
恋というのは、いつどこで生まれたり、結ばれるかわからないので、縁結びのお守りは、いつも持ち歩くものに忍ばせておくと効果があると言われています。
例えば、定期入れやカバンのポケット、また、外出の際によく持ち歩く、スケジュール帳などに入れておくといいでしょう。
正しい縁結びのお守りの身に着け方というのは特にないのですが、神様のご利益をしっかり授かるには、やはり、かばんや財布などに入れておくのが一番です。

縁結びのお守りを家で保管する際は、タンスなどにしまってはダメで、目に付く場所に置き、できれば高い場所に置くことです。
肌身離さず身につけておきたい人は、ネックレスのチェーンにそのまま通して首にかける人もいますが、あまりお勧めできません。
なぜなら、そうすると、トイレに入ったときなど、うっかり前に飛び出してくることがあるからです。

縁結びのお守りは、しっかり身につけることも大事なのですが、体につけるというより、自分がかけた願いを忘れないことの方が大切です。
出かける時は、持ち歩くバックなどに忍ばせておき、寝るときは枕の下に入れて願をかけるといいでしょう。
また、お守りは1年ごとに新しく変えるのがベストなので、最低でも1年で新しいお守りと交換しましょう。