結婚相談業ポイントレッスン②

2013-05-05 15:10:13
仲人と言えば、かつては結婚において重要なポジションを指しました。
ところが最近では仲人を立てずに式を挙げることも珍しくなく、仲人文化を目にする機会も減ってきたと言えるでしょう。
そもそも仲人とは、かつては親も同然といわれるほど強大な力を持った存在でした。
今や仲人を立てることは稀で、仮に立てたとしても形式だけの存在でしかありません。
そんな仲人が現代で、少し形は変わりましたが、仲人大学なるものがあるようです。

仲人大学では仲人士になるための勉強をしており、最終的にこれを目指します。
仲人士とは、言ってみれば仲人のプロとなって善い結婚へと導いていく存在のようです。
そのために必要となるスキルを習得する場として新たに開設されたのが、この仲人大学という訳です。
もちろん学校教育法に基づく大学ではなく、仲人士を目指すためのスクールと捉えて良いでしょう。
私はこの仲人大学で学んだ訳ではありませんが、仲人として必要なスキルや心構えを教えてくれる場所があるというのは良いことなのかも知れません。

仲人大学でしっかり仲人の基本を習得すれば、資格取得後にプロとして活動していく自信も付くことでしょう。
仲人という仕事は少し特殊ですが、やり甲斐はかなり高いものです。
他人の結婚を自分のことのように喜べるので、充実感も味わます。
仲人大学は現在、全国に二箇所あるようですので今後の動向に注目していきましょう。
成人している以外に必要な資格はないので、仲人業に興味のある方はチェックしてみても良いかも知れません。