結婚相談業ポイントレッスン②

2014-10-31 11:20:19
生別はお相手のため、そんな決断を下したことは皆さんはありますか。
ようするに、好きだけどというか、好きだから生別っていうやつですね。
月9のドラマなんかは、まさしくそういう展開が多かったりします。
好きだからこそ婚約者との生別を決めたりするというやつです。
正直、生別か否かは、自分の自由で決められる部分もあるにはあるのです。
しかし、彼が本当に望むかたちを取りたいと思っいて、その彼の本心がよくわらないから困っているのですよね。
お相手の心がわらない位なら、いっそのこと生別がいいのではないかという気もするけど、やっぱ好きだから…。
ドラマのヒロインのように、そう簡単には決められなくて…。
好きだけど生別なんてカッコいい事、安易には言えない訳です。

生別はそれほど難しくない、次の出会いを求めるためには必要不可欠なことだという考え方も出来ます。
そのさよならを言うのに勇気がいる訳です。
本当に世の中うまくいかないことだらけですね。

2014-10-30 15:03:00

仲人の舘です。
本日の読売新聞の朝刊に折り込みされている「路」2014年10月号に私どもの結婚相談所の広告が掲載されています。
「路」は、荒川区と台東区の一部の読売新聞5,500部に折り込みされている地域密着型の広告です。

2014-10-30 11:10:07
生別というのなら、夫婦の事なんて他人には判らない訳だし、取りあえず、別れさせてあげればいいのでは。
離婚してまた同じ相手と再婚する事だって、法律上いくらでも出来る訳ですし、そういう夫婦も多いと思います。
人生何事も経験、離婚も結婚もそうだと思って、まあ生別なら別れてみればわからないと思います。

生別という事を経験して欲しくない部分もあります。
しかし、生別というのが一番冷静に考えられということもありますか。
離れてみて、初めてお相手の良さが判る事も少なくないですしね。
それなりにしっかり考えて生別を決めたつもりでも、未だ忘れられないお相手もいるでしょうし。
ただ、生別と口に出してしまった手前、お互い後には引けない部分もあるのだろうと思います。
だったら、一度離れてみて、それからまたくっついてもいいのではと思う訳です。
恋愛関連のブログやサイトの半分位は、生別だの別れないだの、別れただのっていうやつですから、参考になる体験も一つや二つはあるでしょう。

2014-10-29 11:00:12
生別がゴールの恋、それが不倫ではないだろうかと私は思います。
生別がゴールだなんて、そんな悲しい恋なんかしたくないじゃないですか。
だから、本当は不倫はしちゃいけないというより、お互いのためにしない方がいいのは当たり前ですよね。
ただ、いつか必ず生別が来る事をわっていても、今この瞬間の感情に忠実に生きたいと思うのが男性と女性、恋愛というものなのでしょう。
ついつい今を大切にする事に徹し、その瞬間の感情を大事にしようとします。
その結果、生別がゴールであってもいいと思い、不倫が成立してしまうのです。
もっとも、自分が結婚している事を隠して近付いて来る人もいますから、気が付けば不倫をしてしまっていたという人も少なくはない事でしょう。
それでも、それがわった時にすぐさま生別決心の出来る人と出来ない人がいて、さらに2人を取り巻く様々な関係が悪化してしまうケースもしばしばです。

生別がゴールの恋、それが不倫だという考え方自体がおかしい、間違っているのだと言う輩もいます。
とにかく、好きな人と好きなように付き合えないのは、自由民主主義の国にあっておかしいというのが、その輩の言い分のようです。
そこまで自信を持って言い切るのなら、何も生別は必要なんかないでしょう。
日本の法律は、不倫や二股を一切規制していないし、無理に生別を促してもいません。
ただ、そこには法律とか哲学という難しいものではなく、人としての生き方や考え方というもっと身近なものが深く関わって来て、2人の関係を大きく左右していくのです。
ですから、生別がゴールの恋イコール不倫と言っても、その式からはじき出される答えにはいくつものパターンがあります。

生別がゴールの恋イコール不倫、この式から出される最も一般的な答えは、やはり当事者通しの関係を崩すというパターン。
ようするに、不倫をしている2人が綺麗サッパリ生別という形ですね。
時には、不倫をしていた2人が一緒に新たな人生を歩き出す事もあります。
その場合、生別は、不倫をしていた人と、不倫をされていた夫や妻。
所謂離婚という悲劇のもとに、新たな不倫ではなくなったカップルが誕生するというものですね。
しかし、こういう答えを出した場合、子供たちも大好きなパパやママと生別になる訳で、巻き込む人の多さに胸傷む事でしょう。
不倫がいいとか悪いとかは一概には言えないし、家庭にはもうすでに存在しない愛を求めて不倫に走る人が少なくない現実もある事は知っています。
だから、少なくとも、心ではなく体を求める不倫だけは何とか減って欲しいものです。
最初から生別を前提に付き合う恋愛なんて恋愛じゃないと考えている人なら、よけいに不倫には躊躇するべきでしょうね。

2014-10-28 10:50:06
生別って、もっと辛いかと思ったけど、案外そうでもないね、自由になる時間とお金が増えて万々歳だよ。
ついに、結婚10年にして奥さんと生別を決めた友達を励まそうと飲み会を開いたところ、こんな風に言って笑ってました。
でも、誰が見ても、思い切り無理してるのがみえみえ、もっと素直になればいいのにといった感じでした。
女性は彼氏や旦那さんとの生別と、確かにその時は辛いでしょうけど、割と立ち直りが早いというかなんというか…。
私のこれまでの経験から見ると、そういつまでも引きずらない人の方が多いような気がします。
例え理由はどうあれ、最終的には自分から生別を決めたんだし、今は別れて良かったなどと涼しい顔して言い切るだけでなく、しっかり新しい人生を歩き出しています。
ところが、男性は案外そうでもなくて、口では偉そうな事を言いながらも、心の中ではまだまだ時計の針が進んでなかったりもするのです。

生別と決めた以上、なるべく彼氏や彼女の存在を一日も早く遠ざける事が大事だと思います。
女性はそれを知っているからでしょうか、生別と決めた瞬間に、彼氏や旦那さんとの思い出の品を全て処分してしまう人も少なくありません。
どこかのカップルが別れれば、質屋が喜ぶという笑い話を聞いた事もあります。
けれど、彼女や奥さんと別れた男性から、そういう思い出の品を処分したとか処分したいとかっていう話は聞いた事がありません。

生別という事は、そこで一度お互いの関係を仕切り直す訳ですから、なるべく過去を振り返らなくてもいいようにする必要性があると思うのです。
生別を決めた瞬間、プレゼントされた物を全て処分したら、確かに困るかも知れません。
また新たに揃えればいいとは言え、男性の中には、そういう事が苦手な人も少なくない事でしょう。
でしたら、身近な女性に彼女や奥さんと生別にしたから出直しのためのコーディネイトをしたいと素直に打ち明け、相談してみましょう。
それも、多少なりとも好意を持っている女性や、自分に好意を持ってくれていそうな女性がいれば、その人を頼る事によって、新しい何かが生まれるかも知れません。
とにかく、生別と決めた以上、過去を振り返らず、未来を少しでも見つめる事が何より重要なのです。
また、恋愛関連のブログやサイトと一緒に、ファッション関連の
生別は新たな旅立ちを迎える事ですから、気分一新、少しでも早く次の出会いを見付ける事が、少しでも早く確実に立ち直るコツなのではないかと私は思います。

1 2 3 4 5 6 7 8